教育の理念

言葉は、芸術作品です。ピアノを弾たり、絵を描いたり、ダンスを踊ったりと
同じように、言葉とは、私たちが感じているものを表現し、創り上げる行動で
す。

言葉と他の芸術との違いは、さまざまな状況や会話の相手に対応する為に、さ
らなる柔軟性と適応性を求められるという事です。したがって、話す事に関し
て、 もっとも重要な事は、適切で簡単に理解できる方法に従って、私たち自身
をいかに効率的に表現することができるかという事です。

中高生の英語は、たいてい語彙と文法の暗記を中心に行われます。リーディン
グ、ライティング、リスニングのテストを通して、私たちは英語の能力を正解
か不正解で判断するようになります。これによって、外国人との出会いや新し
いアイディアの交換によって得られる、美徳や興奮が見落とされがちになる事
は、大変残念に思います。コミュニケーションを図る上で、語彙や文法を覚え
る事は確かに、大切な事ではありますが、私の生徒たちには、言葉を楽しみな
がら、即興で会話を創り上げてもらいたいのです。したがって、レッスンで
は、新しい単語を学習する際、歌やジョーク、物語、ゲーム、ジェスチャー等
を通してアクティブに学び、実際にその単語を使ってみる事を常に心掛けてい
ます。
教師紹介
初めまして。城野のアクティブイングリッ
シュのマーカスです。オーストラリアの出身
です。
年齢39歳
資格:Master of Arts in Teaching English to
Speakers of Other Languages . University of
Technology, Sydney(TESOL 修士)取得
職歴:
小学校と中学校で2006年から2010年まで外国
語指導助手勤務。
英会話で2010から英語教師勤務
九州産業大学校で2013から英語教師勤務。
英会話城野